2008年08月25日

夏を見送る

「明日あたり夏が行ってしまうそうだよ」

「今年の夏はせっかちだね」

「じゃあ、いつものように天文台から見送るとするか」

ボビーコールドウェルの曲をかけながら国道を西に急ぐ

海沿いの店も昔よりさびれた気もする

さびれたのは風景じゃなくて

見てる自分の心のほうかもしれないけれど

眠気をさそうシトロエンのエンジン音に重なって

君が繰り返し歌うフレーズ

Take me back to then when life was mellow where we had golden sun

金色の太陽が子午線を通過する頃

今年の夏も終わる